Home >湯沢の見どころ >院内銀山跡

院内銀山跡

天保の盛り山と言われ栄えた銀山

院内銀山 院内銀山は慶長11年(1606)に発見され、佐竹藩直営の銀山として経営されました。天保4年(1833)から約10年間は年間の産銀量が千貫を越え、「天保の盛り山」と称される最盛期を迎えます。
この当時の銀山は人口15,000人あまりを数え、城下町久保田(今の秋田市)をしのぐほどの活況を呈したと伝えられます。その後、明治維新をへて新政府直轄の経営となり、近代化を推し進めていきます。
しかし、銀価の崩落や鉱脈の堀り尽くしなどでしだいに衰退し、昭和29年(1954)には完全閉山し、約350年にわたる長い歴史の幕を閉じました。今も院内銀山跡地には当時の坑口などが見られ、かつての面影がしのばれます。

秋田県指定史跡

【湯沢市の文化財】旧院内銀山跡へ

地図情報

   

基本情報

所在地 秋田県湯沢市院内銀山町
アクセス 湯沢横手道路 雄勝こまちICから車で約20分
問い合わせ先 院内銀山異人館
0183-52-5143

写真ギャラリー

おすすめの見どころ情報


Copyright(c) 2021 Yuzawa City Tourism and Products Association All Rights Reserved.
 Design by http://f-tpl.com