湯沢市観光物産協会

 >Home >湯沢の見どころ >皆瀬ダム

湯沢の見どころ
皆瀬ダム

新緑や紅葉が映えるスポット

湯沢市皆瀬「皆瀬ダム湖」

 皆瀬ダムは多目的ダムとして昭和38年に建設され、これにより皆瀬川、雄物川流域の洪水の被害の減少、下流域への灌漑用水の補給、県営による発電事業など、流域市町村に多大な恩恵を与えています。
 このダムはロックフィルダムと呼ばれる形式のダムで、岩手県の石淵ダム、群馬県の野反ダムに次いで3番目に造られたものです。このロックフィルダムは、村内の石英粗面岩の原石山から石塊を運び、その石をダムの堤体に畳築したもので、コンクリートを固めて造るダムより強固なダムです。
 また、ダムの側にはおいしい稲庭うどんを食べさせてくれる食堂「ダムの茶屋」もあります。

基本情報


所在地湯沢市皆瀬字小貝渕11-2
目的灌漑(かんがい)、洪水調節、発電(最大5,300kw)
問い合わせ皆瀬・板戸ダム管理事務所
TEL:0183-46-2100
FAX:0183-46-2549
見学申し込み平日10:00~16;00
小人数対応可能、事前に電話でご予約願います。
交通アクセス湯沢横手自動車道路湯沢ICから国道398号経由約30分